福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕

福岡伝統太極拳 湧泉会は、福岡県福岡市・太宰府市・大野城市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳・陳氏太極拳・馬貴派八卦掌・古伝太極剣・太極刀等の中国武術を専門に練習している教室です! 湧泉会の日々の練習記や行事予定、中国武術系や格闘技系の書籍を当時の思い出と共に紹介。
福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕 TOP  >  活動記録  >  八卦掌講習 >  八卦掌練習報告 2015年5月 水曜クラス

八卦掌練習報告 2015年5月 水曜クラス

2015年5月に行われた水曜クラスの八卦掌の基礎講習と特別講習の模様をご紹介致します。

劈掌2
この日の講習では、まず連環劈掌を大きくのびのびと行い、意識と身体を開展していく。

蓋掌4
続いてこの日の基礎講習のメインテーマの一つ蓋掌。

蓋掌2-2
ここでは進歩蓋掌を行っている。この技法は、後ろ足が開いて力を逃しやすいので注意して下さい。

蓋掌3
劈掌の動作に前方への推進力を加えたものが蓋掌の根幹的な勁となります。

斜行蓋掌1
続いて斜行しての拗歩蓋掌!

斜行蓋掌2
拗歩蓋掌は、前述の順歩蓋掌よりも、蓋掌の名前通り、上から蓋い潰す意識が強くなります。

斜行蓋掌3
別角度から、投石器から大石が投げ出されるような意識でしょうか。

斜行蓋掌4
ズドーン!落式では沈む勁も用います。

三角蓋掌2
この日は、三角歩を用いての蓋掌も行う。相手の前蹴りを勾手で払い、

三角蓋掌3
大扣擺歩を用いて、相手の斜め後方に回り込みます。

三角蓋掌1
この動作も後ろ足が開きやすいので注意しましょう!

反背捶1
続いてこの日のもう一つのメインテーマである反背捶。この日は穿掌からの反背捶を行う。

反背捶2
回して回さないのが当会の反背捶の特徴です??

反背捶3
扣歩で力を発生させますが、

反背捶4
拳は最短距離を通って直線的に投げ出されます。神龍回首などの練功法を積んでいないと身体を振る動作になってしまいます。身体を振ってしまうと目線が追いつきません。

閉門
途中走圏を挟み、基礎講習の最後はやはり単換掌!

単換掌
推窓望月!

単換掌1
走馬活携の落式。自分の単換掌を写真で見るのは、私もひさしぶり。

葉底蔵華
葉底蔵華

龍形転身
龍形転身

龍形
龍形から走圏へ

この後の特別講習では、磨身掌を中心に行いましたが、写真の編集が大変なので、また次回。各自、自分の動作や姿勢を写真を見て確認しておいて下さい。



お待たせ致しました!特別講習編もアップ致しました。こちらのページをご覧下さい。


湧泉会のトップページ へ >>

当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへブログランキング


Copyright(C)2003-2015 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
当会の許可無く転載を禁じます。


福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 湧泉会 公式ブログ
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会@facebook 湧泉会公式facebook
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/05/21 12:38 ] 活動記録 八卦掌講習 | TB(-) | CM(-)
福岡伝統太極拳 湧泉会
プロフィール

yusenkai

Author:yusenkai
福岡県福岡市・太宰府市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳、陳氏太極拳、馬貴派八卦掌、太極剣、太極刀などの中国武術を専門に練習している教室です。

練習日時/場所

日曜クラス 14:00~
   筑紫野市,太宰府市

水曜クラス 19:30~
   筑紫野市,太宰府市

福岡教室
月曜日 18:30~
    福岡市千代地区

八卦掌クラス
詳細は、こちらをご覧下さい。

当会への入会方法については、こちらを参照下さい。

当会へのお問い合せは、こちらからお願いします。

福岡伝統太極拳 湧泉会
公式ホームページ
湧泉会 公式facebook

趣味のカテゴリー♪
印象に残った書籍などを紹介しています。

当会代表が印象に残る中国武術系の書籍を当時の思い出と共に紹介。

こちらは、格闘技やプロレス系の書籍のご紹介♪

知っていないと損をする中国武術界独特の習慣や常識を紹介しています。番外編として自主稽古の進めかた等も掲載中!

 NEW! ↑湧泉会の最新情報をどこよりも早く発信!

当会の練習記をつぶやいてます。たまには良い事も言っているようです(^m^)

QRコードを携帯電話のバーコード・リーダーでお読み下さい。

amazon.co.jp