福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕

福岡伝統太極拳 湧泉会は、福岡県福岡市・太宰府市・大野城市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳・陳氏太極拳・馬貴派八卦掌・古伝太極剣・太極刀等の中国武術を専門に練習している教室です! 湧泉会の日々の練習記や行事予定、中国武術系や格闘技系の書籍を当時の思い出と共に紹介。
福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕 TOP  >  練習の秘訣  >  初級套路 >  二套拳

二套拳

二套拳
陰陽開合手

この套路も他門派では見かけない套路である。前述した開門拳を学んだ後、数年経ってから私は学んだが、師父は一般の人にはこの套路を教えていなかった。単純に二路と呼ぶこともある。(陳式のニ路とは、内容が全く異なる)

特徴としては前後の立円動作を中心とした六大手を最初に学び、後に左右の立円動作である太極、陰陽開合の二手を学ぶ。この八手法を歩法と組み合わせて単操とし、繋げて套路とする。また套路の特徴としては、四方脚(四連脚)という連続の蹴り技がある。私個人の感想としては、何となく八卦掌と白鶴拳の影響があるような気がするが、北派と南派の手法がなぜ融合されて含まれているかは分からない。

套路の構造としては、開門拳と同じくそれ程難しい套路ではないと思う。ただし全体を勁を通して行なうには、やはり熟練が必要だ。蹴り技の練功も十分に行いたい。

二套拳のもうひとつの特徴は、套路の第二練法が伝わっていることである。第二練法では歩法が活歩になり、手法も変化するため外見上の印象は随分変わるようだ。そしてこの第二練法の動きが後に太極拳の套路を学ぶ際に非常に役立つ。やはり二套拳の練功カリキュラムも非常に優れていると思う。

師の意向もあり、当会では長らく公開を控えていたが、現在では当会の初級の第二套路として公開している。会員諸氏もぜひ習得に励んでもらいたい。

2010年1月18日 記す

追記
二套拳に関しては、その後色々と発見や気付きがあり、なぜ師父が私と弟弟子の二人にしか教えなかったのか、また開門拳を学んでから5年近く経って、ようやく教え出したのかの理由も分かってきた。理由は二つあるが、その一つは、二套拳に含まれる二元や三元の功法は、一元の功法を発展させていくものであり、一元の功法が相当程度、熟練してからでないと学んでも何の意味も無いという事だ。結局は、私自身も師父と同じように、今後は厳選した上で指導していく事になりそうだ。


Copyright(C)2009 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
当会の許可無く転載を禁じます。

湧泉会のトップページ へ >>

当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへブログランキング


福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ
福岡伝統中国武術協会 当会の上部団体。各教室の紹介。
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
twitter@yusenkai 当会の練習日記。
湧泉会公式facebook 湧泉会の最新情報を掲載
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/24 23:56 ] 練習の秘訣 初級套路 | TB(-) | CM(-)
福岡伝統太極拳 湧泉会
プロフィール

yusenkai

Author:yusenkai
福岡県福岡市・太宰府市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳、陳氏太極拳、馬貴派八卦掌、太極剣、太極刀などの中国武術を専門に練習している教室です。

練習日時/場所

日曜クラス 14:00~
   筑紫野市,太宰府市

水曜クラス 19:30~
   筑紫野市,太宰府市

火曜クラス 19:30~ NEW!
   太宰府市

八卦掌クラス
詳細は、こちらをご覧下さい。

福岡教室
月曜日 18:30~
    福岡市千代地区

佐賀教室
木曜or金曜 19:30~21:00
    吉野ヶ里中央公民館


当会への入会方法については、こちらを参照下さい。

当会へのお問い合せは、こちらからお願いします。

福岡伝統太極拳 湧泉会
公式ホームページ
湧泉会 公式facebook

趣味のカテゴリー♪
印象に残った書籍などを紹介しています。

当会代表が印象に残る中国武術系の書籍を当時の思い出と共に紹介。

こちらは、格闘技やプロレス系の書籍のご紹介♪

知っていないと損をする中国武術界独特の習慣や常識を紹介しています。番外編として自主稽古の進めかた等も掲載中!

 NEW! ↑湧泉会の最新情報をどこよりも早く発信!

当会の練習記をつぶやいてます。たまには良い事も言っているようです(^m^)

QRコードを携帯電話のバーコード・リーダーでお読み下さい。