福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕

福岡伝統太極拳 湧泉会は、福岡県福岡市・太宰府市・大野城市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳・陳氏太極拳・馬貴派八卦掌・古伝太極剣・太極刀等の中国武術を専門に練習している教室です! 湧泉会の日々の練習記や行事予定、中国武術系や格闘技系の書籍を当時の思い出と共に紹介。
福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕 TOP  >  懐かしの格闘読本!

会社に負けない喧嘩の仕方 蝶野正洋

蝶野正洋

武藤敬司、橋本真也と共に闘魂三銃士と呼ばれた男である。

とはいえ、若手の頃の蝶野は、他の二人と比べると個性の点では随分劣っていたと思う。

G1を二連覇しても何となく中堅レスラーの印象は拭えなかった。

その彼が、個性では劣る二人にどう追いつき、また黒いカリスマとしてどうなりあがったのか。

それがこの本には書かれている。

従って、いわゆる喧嘩の実戦方法が写真付きの解説で書かれている護身術本ではない。

読んでみての感想は、とにかく頭の良い人だなという事。

同期、先輩、上司、会社、世間、そういった色々な物を冷静に分析して、どう自分自身を「自己プロデュース」していくかを絶えず考えてきたようだ。

プロレスラーは特殊な人種だが、それでも世の中にはたくさんいる。その他大勢のレスラーからトップレスラーになれるのは、一握りである。

生まれつきの天性のカリスマを持った人もいるだろう。会社にプッシュされ、レールに乗って一気にスターになった人もいる。しかし、そういった人達はいずれ壁にぶち当たり、その後、立ち上がれずに終わっていく人も多い。芸能人も同じようなものだろう。

しかし、自分を知り、自分を高めて行った者は、挫折にも強いし、立ち上がり方も知っている。

そういった雑草根性みたいなものをこの本から感じた。

グローバルに経済は変わり、何を行うにも今までと同じやり方では、通用しない時代になって来た。私自身もそれを痛感している。

いま、ここでどうするべきか考えている一般の方にもぜひ読んでほしい書籍である。



若手時代の蝶野を知りたい方は、こちらもオススメ!




Copyright(C)2009 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
当会の許可無く転載を禁じます。

湧泉会のトップページ へ >>

当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへブログランキング


福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ
福岡伝統中国武術協会 当会の上部団体。各教室の紹介。
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
twitter@yusenkai 当会の練習日記。
湧泉会公式facebook 湧泉会の最新情報を掲載
スポンサーサイト
[ 2011/08/30 00:00 ] 懐かしの格闘読本! | TB(-) | CM(-)

ヒョードル引退!?

2月12日(土・現地時間)、Strikeforceのヘビー級GP準々決勝戦として、エメリヤーエンコ・ヒョードル×アントニオ・ペイザォン・シウバの試合が行われ、敗れたエメリヤーエンコ・ヒョードルから引退を示唆するコメントが発せられたとの事である。

エメリヤーエンコ・ヒョードル

格闘技に興味のある方で、この名前を知らない人はいないだろう・

  

総合格闘技の世界でここ10年ほどの間、文字通り「人類最強」と言われた男である。

いまさら私が説明する必要もないと思うが、日本の総合格闘技団体リングスの元ヘビー級及び無差別級チャンピオンであり、リングスの活動停止後は、当時世界最高峰の格闘技イベントだった「プライド」へ移籍し、僅か3戦で世界チャンピオンとなり、プライドの活動中は無敗。プライドの活動停止後もアメリカの総合格闘技団体(アフリクション?など)でも無敗。昨年6月にStrikeforceのリングでファブリシオ・ベルドゥムに三角絞めで敗れたが、それでもヒョードル最強説はそうそう揺らぐものではなかった。



私などが分析するのもおこがましい気がするが、ヒョードルの強さを分析すると以下の点が挙げられる。

①立ち技、パウンド両方でのとにかく壮絶な打撃力(相手を破壊する)
②柔道やサンボの下地があり、柔軟かつ強靭な腰の強さやバランス感覚(テイクダウンを取られない。相手の下にならない)
③一瞬の極め技の強さ

とにかくk-1のトップファイターであったミルコやハントと殴りあっても打ち負けないし(むしろ圧倒していた)テイクダウンを取られることも相手の下になることもほとんどない。そして相手の上になれば、殺人的なパウンドが襲ってくる。また普通の選手の場合は、関節技をかけるにしても、一旦、形に入ってからじわじわ極めるものだが、ヒョードルの場合は一瞬の切り返しで極めてしまう。当然穴もあったとは思うが、とにかくあれだけの攻撃力を持った選手というのは、ヒョードル以外にいなかったのではないだろうか。

そのヒョードルと戦ってもらいたい夢の対決はいくつもあったが、もしヒョードルの引退が現実のものになるのであれば、元UFCチャンピオンのブロックレスナーなどUFCトップファイター達との対戦は、夢で終わってしまうようた。

  

しかし、私が 一番ヒョードルとの対戦を楽しみにしていたのは、ヒョードルが現れる前の約10年間同じように総合格闘技界で「最強」といわれたヒクソン・グレイシーである。



もう18年も前のことになるが、初期UFCの大会で優勝していたヒクソンの実弟であるホイス・グレイシーが「私の兄は私の10倍強い!」と発言したことから、その兄であるヒクソンの存在に俄然注目が集まった。そして、そのヒクソンが日本のバーリ・トゥード ジャパンという総合格闘技の大会に参戦すると言う。そして94年の第一回、翌95年の第二回大会とも参戦した日本人選手、外国人選手をすんなり破って優勝してしまう。

そして2年後の97年には、第一回のPRIDEで現在タレントとしても活躍している格闘系のプロレスラー 高田延彦をこれまたあっさり完封勝利、そして翌98年のPRIDE4でもリベンジを誓う高田延彦と再戦し、これまたあっけなく同じ技で片付けてしまう。



更にその2年後の2000年には、同じく格闘系のプロレスラーである船木誠勝と戦い、途中にもらった打撃で眼窩低骨折をしたらしいが、これまたあっけなく勝利する。

 

この試合が実質的に最後の試合となり、ヒクソンは負けることなく「最強」のまま引退してしまった。

そして入れ替わるように登場したのがヒョードルだった。

お互いの現役時代のベストの時にもし対戦が実現していたら、果たしてどうなっていただろうか。

ヒクソンの場合は、ヒョードルと比べると極端に試合数が少ないし、ヘビー級の総合のトップファイター達との対戦はほぼ皆無だったから、現実的にはやはりヒョードルが圧倒していただろうか。

しかし、ヒクソンなら・・・と思わせるだけの何かをヒクソンが持っていたのも事実である。

お互いに間違いなく一時代を築いた魅力的なファイターだった。


Copyright(C)2009 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
許可無く転載を禁じます。

福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 公式ブログ
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会@facebook 湧泉会公式facebook

この記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をお願いいたします(^人^)

各ブログランキング登録中です☆
クリックすると当ブログの順位が上がります。
ご協力をお願いします!

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへ
[ 2011/02/18 16:16 ] 懐かしの格闘読本! | TB(-) | CM(-)

この夏一番の贈り物♪

本当に暑い夏だった…。

そう感じていただけではない…。

やはり実際に最高気温にしろ、真夏日や熱帯夜の連続記録にしろ、様々な記録を塗り替えた夏だったらしい。

私の事務所も8月は、連日38度あり、このブログの更新もぴたりと止まってしまっていた。

この猛暑を乗り越えられたのは、こいつのおかげである。

ボトル型浄水器 トレビーノ!

 

というのは、少々大げさかもしれないが、今年の夏は、とにかく水を飲みまくった。

また飲まなければ、実際危なかったかもしれない…。

ボトル型浄水器のことを知ったのは、朝日新聞の記事だったと思うが、昨今のサラリーマンは、出社してこのボトル型浄水器に水を入れて会社の冷蔵庫で冷やしておくらしい。そうすることで、就業時間中に缶コーヒーやらペットボトルやら一日何本も買っていた飲料物が節約できるとのことだった。

確かに私も外出するたびにペットボトルのお茶などを買っていた。一夏にしたら結構大変な量だろう。これは良いと思い買ってみた。

ろ過器をセットして組み立ててみる。当然だが簡単だ。

水道水を注いでみる。

思いのほか、ろ過スピードが早い!

正直もっと時間がかかると思っていた。

早速、飲んでみる。ゴクリ。

味は水だった…。

しかし、これが飲み続けていくうちに、水がおいしいと思えるようになってきた。本来の水の味は、ほのかに甘い気がする。美味しい♪

それからは、もう毎日飲みまくった。何しろ水道水だから飲むくらいはただのようなものだ。また外出の際は、使用済みのペットボトルに入れて持っていく。ペットボトルも洗って使いまわすので、捨てなくなった。ペットボトル=ごみという印象もなくなった。

まさに良いことづくめである。ただし、ろ過器の取替え時期は厳守とのことである。

ちなみにこのボトル型浄水器、シュア№1は、ブリタというメーカーらしい。来年はこちらを使ってみようかな♪




福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ
福岡伝統中国武術協会 当会の上部団体。各教室の紹介。
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
twitter@yusenkai 当会の練習日記。
湧泉会公式facebook
[ 2010/09/24 01:26 ] 懐かしの格闘読本! | TB(-) | CM(-)

祝 初代タイガーマスク 30周年!

今回は、全く中国武術とは関係のない初代タイガーマスクのお話である。

初代タイガーマスクを直接見ていた世代となると、現在の30代後半から40代あたりという事になるのだろうか。とにかく、その動きは衝撃的で他の格闘技経験者から見ても、技の切れ、スピード、バネとどれをとってもケチのつけようがない運動選手だった。約2年半ほどの期間、大げさではなく日本中がタイガーブームで、視聴率は常に20%代、会場も常にパンク状態。そしてまさに人気の絶頂期にスパっと引退してしまった。

その初代タイガーマスクが、今年でデビュー30周年になるという。思わず衝動買いをしてしまった。

 

上巻は、タイガーマスクの新日本プロレス時代の試合を中心に佐山氏本人や小林邦昭氏、そしてザ・コブラのジョージ高野氏のインタビューなどが掲載されている。ちなみにコブラはタイガーの後釜としてデビューしたのではなく、ほぼ同時期にカルガリーで活躍していたのは初めて知った。

下巻は、第一次UWFのスーパータイガー時代と再デビューから現在までの記事が中心である。インタビューは巻頭の佐山氏、藤波氏、長州氏の三者対談と藤原喜明氏のインタビューが良かった。藤原組長はガンを克服されたんだなぁ。

再デビュー後は、リアルジャパンを旗揚げし頑張っているようだが、やはりちょっと太り過ぎのようである。できれば、5~10キロほど減量されて今後も頑張って頂きたい。

この上巻と下巻についている応募券をセットで応募すると、特製のクリアファイルが全員にプレゼントされるらしい。締切は2010年8月31日とのこと。


タイガーマスクに興味のある方や当時のプロレスを懐かしく思われる方は、こちらもどうぞ☆

 
 
このGスピリッツでも2号に渡って、初代タイガーマスク特集を行なっている。正直、私はこちらのほうが面白かった。しかもその後、Gスピリッツにはまってしまい、ほぼ全号揃えてしまった。


福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ
福岡伝統中国武術協会 当会の上部団体。各教室の紹介。
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
twitter@yusenkai 当会の練習日記。
湧泉会公式facebook
[ 2010/08/12 15:30 ] 懐かしの格闘読本! | TB(-) | CM(-)

懐かしの格闘読本!シューティング入門

今回は、番外編という形になるであろうか。私が昔、影響を受けた格闘技系の書籍を紹介してみたいと思う。

書籍☆中国武術史の第一回目で紹介したように、私は元来プロレスファンであった。小学生時代は、ゴールデンタイムでプロレスが放送されており、同世代の男性のほとんどがそうであったように普通にプロレスを見て熱狂していた。中学時代は一時期、プロレスから離れていたが、高校時代に格闘技系のプロレス団体UWFの出現で再び、熱心にプロレスを見るようになった。

UWFというのは、前田日明、高田延彦、藤原喜明、船木誠勝らを中心としたプロレス団体で、蹴り技や関節技を主体とした格闘技色の強いプロレスを行なっていた。ブームの最高時には東京ドームで異種格闘技戦を行い、現在行なわれている総合格闘技などの礎を築いたのではないだろうか。

私自身は、UWFの影響で見る側から、実際に練習を行なう側に意識が変わったと思う。というのも既存のプロレスの場合は、プロレスごっこはできるが、いわゆるプロレスの練習というのはできない。バックドロップやブレンバスターなどかけられたほうは大ケガをしてしまうし、ムーンサルトプレスやトペスイシーダなどどうやって練習すればよいのだ。やはりプロレスというものは、それなりの練習設備が無くては練習できず、ある意味非現実的な空間だといえると思う。

それに対して、UWFで行なわれていたキックなどの打撃技は、キックミットがあれば自分達でも練習できるし、ジムや道場に通って習うこともできる。関節技に関しても、当時は総合格闘技やブラジリアン柔術の道場はほとんど無かったが、区の柔道場などで書籍などを基に練習していた。いま考えれば、UWFというのも、いわゆるプロレスだったとは思うが、UWFの出現で私の中ではプロレスという非現実的なものが、実際に練習できる格闘技として現実に身近に感じるようになったと思う。

少し前置きが長くなってしまったが、今回紹介する書籍は、佐山聡のシューティング入門である。著者は初代タイガーマスクとしてプロレス界では、あまりにも有名な佐山聡である。

 

佐山氏は初代タイガーマスクとして約2年間活躍し、その華麗な動きはプロレスファンはもとより一般の人々をも魅了した。当時のプロレス時代の映像を見れば一目瞭然、その運動能力の高さは誰もが認めるところだろう。そんな彼が突然引退し、打・投・極というコンセプトを基に新しい格闘技を始めるという。またジムを開設し、その技術を一般にも伝えるという。そしてその技術書として発売されたのが、この佐山聡のシューティング入門である。

この書籍では基礎的な内容を中心としながらも、体力アップから打撃技術、投げ技、関節技まで、実に丁寧に紹介されている。当時としては本当に画期的な書籍だったと思うし、著者としても本当に力をいれて書いた書籍だったのではないだろうか。私自身も当時この本を基に練習していて、思い出深い書籍である。特にグランドでの関節技に関しては、初めて知る知識や技術ばかりで本当に参考になった。

この書籍の続編として、佐山聡のシューティング上級編―パンクラチオンへの道も後に出版された。

  

上級編では、より綿密な技術が紹介され、シュミレーションとして打撃から投げ技、関節技までの流れを多く紹介している。私は現在でもこの書籍を所持しているが、やはり練習をしながら読んでいたからだろうか、すでにボロボロである。いま読み返してみると、この当時は現在の総合格闘技のようにポジション取りは、それほど重要視されていないようである。またこの頃から佐山氏は大きくなりだしたようだ…。これがサンボだ!は国内初の本格的なサンボの技術書になるのだろうか。この書籍も当時よく読み参考になった書籍である。当時の私は関節技にとても惹かれていた。

佐山氏はヒクソン・グレイシーを招聘し、日本で初めてのバーリトゥードの試合を開催した。その影響からプライドなど総合格闘技のイベントも生まれた。その後、掣圏道を創始し、アルティメットボクシングなどの興行も一時行なっていたが、現在では再びマスクを被ってタイガーマスクとしても活動しているようである。最近の著書としては、以下のようなものがあるようだ。

  

また関節技ということであれば、やはり藤原喜明氏の書籍も参照したい。

   

藤原喜明のスーパー・テクニックでは、プロレスの裏技とも言うべき関節技をパターン別に紹介している。藤原喜明の必殺十番勝負―スーパー・テクニック2は過去の試合で使った関節技の紹介といった形になるであろうか。復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄は、彼がカール・ゴッチ氏の下で修行した際にメモしていた藤原ノートを、彼自身のイラストにより紹介している。この書籍は、先日私も購入してしまった。

 


自叙伝として男の真剣勝負も刊行されている。藤原氏といえばテレビでの〔組長〕としてのイメージが強いが、昨今、胃がんを患われたと聞いた。関節技の鬼の復活を心より期待したい。


福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 当会代表の個人ブログ
福岡伝統中国武術協会 当会の上部団体。各教室の紹介。
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
twitter@yusenkai 当会の練習日記。
湧泉会公式facebook
[ 2010/01/21 16:27 ] 懐かしの格闘読本! | TB(-) | CM(-)
福岡伝統太極拳 湧泉会
プロフィール

yusenkai

Author:yusenkai
福岡県福岡市・太宰府市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳、陳氏太極拳、馬貴派八卦掌、太極剣、太極刀などの中国武術を専門に練習している教室です。

練習日時/場所

日曜クラス 14:00~
   筑紫野市,太宰府市

水曜クラス 19:30~
   筑紫野市,太宰府市

火曜クラス 19:30~ NEW!
   太宰府市

八卦掌クラス
詳細は、こちらをご覧下さい。

福岡教室
月曜日 18:30~
    福岡市千代地区


当会への入会方法については、こちらを参照下さい。

当会へのお問い合せは、こちらからお願いします。

福岡伝統太極拳 湧泉会
公式ホームページ
湧泉会 公式facebook

趣味のカテゴリー♪
印象に残った書籍などを紹介しています。

当会代表が印象に残る中国武術系の書籍を当時の思い出と共に紹介。

こちらは、格闘技やプロレス系の書籍のご紹介♪

知っていないと損をする中国武術界独特の習慣や常識を紹介しています。番外編として自主稽古の進めかた等も掲載中!

 NEW! ↑湧泉会の最新情報をどこよりも早く発信!

当会の練習記をつぶやいてます。たまには良い事も言っているようです(^m^)

QRコードを携帯電話のバーコード・リーダーでお読み下さい。