福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕

福岡伝統太極拳 湧泉会は、福岡県福岡市・太宰府市・大野城市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳・陳氏太極拳・馬貴派八卦掌・古伝太極剣・太極刀等の中国武術を専門に練習している教室です! 湧泉会の日々の練習記や行事予定、中国武術系や格闘技系の書籍を当時の思い出と共に紹介。
福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕 TOP  >  中国武術の学び方

冬場の練習方法について

師走に入り寒さも増してきたという事で冬場の練習方法について説明したいと思います。

冬場の練習は、どうしても筋肉が強張り、足首や膝、腰などを痛めやすい季節でもあります。季節の違いをしっかり認識して練習していかないと、結果的に怪我をしたり、怪我が長引いたりするので、会員の皆さんは本記事を参考にして練習に励んで頂きたいと思います。

では、冬場の練習は具体的に何に気を付け、どのような注意点に従って練習していけば良いのでしょう?

まず、冬の練習に関して一番大切な事は、身体に過度な負担をかけずに、少しずつ負荷をかけ功夫を高めていく事だと思います。


少なくとも身体が充分に温まるまでは、膝や腰には絶対に負担をかけないこと。

となると、どのような練習が頭に浮かぶでしょうか?

私の場合は、やはり八卦掌の走圏ですね。

龍形走圏
八卦掌 龍形走圏

八卦掌の走圏は、身体に過度な負担をかけずに歩く事で、まず身体を温めてくれます。また特に足首から膝の功夫を高めてくれます。

その際の注意点としては、最初から全ての要訣を満たそうとはせずに、最初は軽めに行い、徐々に要訣を満たしていくようにしましょう。最初から全ての要求を満たそうとすると、かえって身体が強張ってしまいます。

身体が温まってきたら、単換掌や双換掌で身体を少しずつ動かし、可動箇所を拡げていきます。それから各掌法に進むと良いでしょう。

では次に太極拳の練習では何が浮かぶでしょうか?

もちろん站樁からが良いのでしょうが、冬は寒いので、ある程度姿勢が定まったら、太極歩などの歩法の練習が良いでしょう。

三角歩
三角歩 (太極歩)

太極拳の場合は、身体が温まってきたら猿圏手や雲手を歩法と合わせながら行い、やはり身体の可動箇所を拡げていきます。

猿拳手
太極拳基本功 猿圏手

その後、私だったら陳式の老架の第一段を行いますね。全身の歯車を稼働させていきます。

また古傳太極拳なども、身体に過度な負担がかからず良いと思います。

古伝太極拳1
古傳太極拳 攬雀尾


最後に武器術についてはどうでしょうか?

武器の場合は、棍などの長兵器はいきなりは行わず、刀などの短兵器から始めるのが良いと思います。

まずは定歩での掛刀などの素振りから始めると良いでしょう。

身体が温まってきたら、活歩へと移行していきます。


掛刀(hook sword)

その後、刀法の基本である纏頭裹脳や平斬系の練習に進むと良いと思います。

武器の場合は、素手の練習とは異なり、ある程度の重さのある物を扱う訳ですから、特に冬は慎重に練習してほしいですね。実際、私も前回の武器術講習で転身や翻身を繰り返して少し腰を痛めてしまいました。幸い違和感を感じたのが早かったので、翌日には回復しましたが…、身体の違和感を早めに感じるというのも太極拳や八卦掌の効用のように思います。

やはり若い時と違って年齢を重ねてくると、季節に応じた練習をしていかなければなりませんね(^^;)


最後に、ここまで冬は身体を大事に大事に練習して下さいと説明してきて矛盾するように思われるかもしれませんが、私にとっては、冬は対練の季節でもあります。

言い換えれば、他の季節だとすぐにバテてしまう対練も、冬だからこそしっかりやれるのです!

砍3
対練四法 砍手

冬場の練習法について、いくつか説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

単練にしろ対練にしろ、冬にしっかりとした地力を身に付けておく事で、春にどのような芽生えを迎えるのかが決まってきます。春以降の自分のために頑張っていきましょう!

2016年12月13日記す


湧泉会のトップページ へ >>

当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへブログランキング


Copyright(C)2003-2016 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
当会の許可無く転載を禁じます。
スポンサーサイト
[ 2016/12/14 01:16 ] 中国武術の学び方 | TB(-) | CM(-)

夏場の練習方法


そろそろ夏本番!という事で、夏の練習について、注意すべき点を記してみたい。

夏場の練習に関して、指導者として一番注意している点は、やはり熱中症である。

熱中症の予防としては、こまめな水分補給という事になるだろう。また塩分やミネラルの補給も兼ねてスポーツドリンクの摂取などが推奨される。

しかし水分補給をしていても、熱中症になる場合もある。

というのも、空腹のまま水分を補給をしても、すぐに汗で体外に流れ出てしまい。補給が間に合わなくなるからだ。これでは穴の空いたタンクに、どんどん水を注いでいるようなものである。

では、どうするか?

練習前に少量で構わないので、食事を取ってきて頂きたいと思う。専門的な事は分からないが、食事をして食物から消化吸収された水分は、根に蓄えられた水分のようなもので、一旦体内に蓄えられるようである。その上で適時水分補給を行って頂きたい。

ちなみに私の場合は、練習の1時間半前にトースト1枚とバナナ1本を輪切りにしたものにヨーグルトをかけて食べてきている。食べ過ぎても動けないし、練習前に食べる量としては適量だと思う。実際に10年以上指導をしているが、私自身は熱中症の経験は一度もない。各自、参考にして頂きたい。


では次に実際の練習方法について語ってみよう。

鄭先生曰く、夏はあまり汗をかかないように、朝の涼しい時間帯に套路を一度通す位で良いと仰っていた。言ってみれば、体力温存型と言える。

かたや李老師の場合は、夏は冬に縮んだ筋を伸ばし、汗をどんどんかいて、体内の濁気を絞り出すのだと仰る。こちらは体力発散型と言えるだろうか。

これでは正反対ではないかと思う方もいらっっしゃるだろう。(実際、その通りだ)

実際に双方の指導を受け実践してきた立場としては、夏場の練習はその日のコンディション次第と言える。

基本的には、夏場は暑さによる体力の消耗が大きいので、無理をしないほうが良いだろう。少しずつ身体を動かしていき、体調が万全であれば、無理をしない範囲で練習量を上げていく。ただし、最初から飛ばし過ぎては、やはりバテてしまうし、熱中症の心配もある。自分がどういう状況か適時観察を忘れないようにして頂きたい。


また練習の内容も考えたほうが良い。

站樁や基本功をじっくり練り込むよりも、夏場は動きのある練習をテキパキとこなしたほうが良いと思う。

具体的には、今現在、教室の稽古で行っているように、刀術や棍術の基本技法で身体をほぐし、長拳系の基本拳路や蹴法などをのびのびとやるのが良い。また太極拳や八卦掌を練習する際にも、重厚感を出すよりも、軽快にふわっとした感じでやるのが良いだろう。

夏場の練習は、短時間で爽快感を感じる程度が良いと思う。

重ねるが、夏場の練習はその日のコンディション次第である。 睡眠不足や疲労が溜まっている時は決して無理をしないこと!

このひと月を乗り越えれば、一番練習に適した季節になります。

秋に向けてのテーマも作成中です。楽しみにしていて下さい。


7月30日記す

帯刀
夏場の練習は、爽快感を感じる練習にしましょう!


当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへ趣味・個人ランキング

湧泉会のトップページ へ >>

Copyright(C)2003-2016 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
当会の許可無く転載を禁じます。


福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 湧泉会 公式ブログ
福岡八卦掌研究会 八卦掌専修教室
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。
湧泉会@facebook 湧泉会公式facebook
[ 2016/07/30 14:07 ] 中国武術の学び方 | TB(-) | CM(-)

得をし続けると…、最終的に損をする。

先日、ある支部長から「先生とは縁が切れたので、あの方には辞めてもらいました。」と報告を受けた。

そんなにスパッと人を切ってしまうと、後々誰も残らなくなるぞとも思ったが、本来この支部長は私に対しての義理を立て、破格の条件でその生徒を受け入れてくれていた(私ならあの条件では受け入れていなかっただろう。そう考えると、よくこれまで我慢してくれたなと思う)。確かに義理を通す理由が無くなったのであれば、そういう決断を下すのも仕方がないだろう。

私もこの生徒には、「物事を少し甘く考えすぎている。何事も謝れば済むという訳ではないぞ。」と注意した事があるが、ほぼ毎月、会費の納入が遅れていたりと、細かなミスを繰り返す事が多かった。その都度、真摯に捉え、改善していく努力をしていれば違う結果になっていたのではないだろうか。

また、事情により特例の措置もしてあげていたのだが、結果的には一教室分の費用で、常時二つの教室に通っている状況となっていた。これでは、やはり問題がある。

実際、本人が自覚をしていたかどうかは分からないが、私の教室や武器術の講習にも常時参加していたし、随分と得をしていたと思う。逆に私は大損だ(苦笑)

しかし、何事にも陰陽があり、

自分が得をしているという事は、必ず損をしている相手がいるという事だ。

そして、損をしているほうは、その状況が続く限り、我慢をし続けてくれている。

当然、誰も損はしたくないし、我慢もしたくはないだろう。また我慢が限界にくれば、その関係性自体を切りたくなるのが人間というものだ。

結果の出ている事を論じても仕方がないが、やはり支部教室が通常通りの運営を始めた時点で、補填や減免の対象から外れる事を自覚し、自身で何らかの決断をすべきだったと思う。

また会費の減免等を受けていたのであれば、人の2倍3倍の誠意や礼儀が必要だっただろう。

それに気付かず、好意に甘え続けていては、我慢する側はさらに我慢を重ねる結果となり、最終的に一番重要な信用を失ってしまう

得をし続けることで、損をするとは、こういう事である。

いずれにしろ定期的に教室に通いながら、規定の会費を納めないのであれば、その者には学ぶ資格すらないという事になる。

その生徒には、いま一度、自分がどういう生徒であったか客観的に見つめてほしいと思う。もう武術の世界に戻ることはないとは思うが、今回の経験を今後の人生のどこかで活かせてくれればと願う。でなければ、また同じような問題が生じてしまうだろう。


周りを見渡せば同じような事例は、大なり小なり本当に多い。

舛添元都知事や号泣した元県議などは、その典型だろう。

彼らも最初はこれはNGなのでは?と感じていたと思う。しかし、誰からも注意を受けないうちに、ついついと定例化してしまったのだろう。物事を甘く考え、政治家の権限でずいぶんと利益を得ていたようだが、彼らが信用を取り戻す事は生涯ないだろう。

各自動車メーカーのデータ偽装しかり、原発の問題しかりである。


さて会員の皆さんは、どうだろうか。

得をしている状況などは中々ないと思うが、職場などで自分の負担は減ったが、逆に負担の増えている人がいないかなど、一度考えてみると良いだろう。

思い当たる節があれば、何らかのフォローをしてあげると良い。誠意とは、ほんの些細な気使いである。

そこを見過ごしてしまうと、その人が限界に達し、病気になったり退職してしまうかもしれない。

そうなると、その負担がズーンと自分に来る訳だ。得をしているうちに、損してしまう。


また日常の中でも、自分で気付いているにも関わらず、ついついおざなりにしている問題はないだろうか。

気付いているのであれば、事が手遅れとなる前に、早めに対処をしたほうが良い。


私自身も今後の訓示としたい。


2016年6月記す

[ 2016/07/10 00:03 ] 中国武術の学び方 | TB(-) | CM(-)

5月晴れには、ご用心!   (中国武術の学び方 番外編)

5月は私の誕生月でもあり、一年の中でも、もっとも良い季節のひとつだと思う。草木は芽生え成長し、虫や動物達も積極的に動き出す。そして生物の一種である人間も気持ちが活動的なってくる。

しかしその反面、五月病に代表されるように精神面も含めて体調を崩しやすい季節でもある。

理由は、この季節の急激な環境の変化に我々の身体が直ぐには順応しきれないからだ。

我々は一年を通じて室内で生活し、衣服や冷暖房により気温や湿度を調節し、快適な環境を人工的に作り出している。この状態はさなぎに包まれた幼虫のようなもので、我々の身体は、他の自然界の生物と比べれば、随分と鈍感になり軟弱になってしまっている。

さて、そのような状態にも関わらず、5月は一年の中でもっとも環境の変わる季節である。気温は一気に上昇、湿度は乾燥し、おまけに朝晩で寒暖の差も激しい。

自然界は一気に活動や成長を始め、人間もそれにつられて慌ただしくなってくる。衣替えもしなくちゃいけないし、冬の寝具類は片付けなきゃいけない。

ふと庭を見れば、草木は伸び放題、草取りや剪定もしなければいけない。おまけにGWをはじめ行楽シーズンで誘われごとも多くなる。

それに対して我々の鈍感になってしまった身体は、ようやくさなぎから脱皮した成虫のように羽根も体も固まっていないような状態だ。

そこへ強烈になった紫外線が降り注ぐΣ(´Д`*)

これでは身も心も疲れてしまうのは仕方がない。

五月晴れの季節は、あまり周りに左右されず、今後の計画を練るなど、季節の変化を余裕を持って感じて頂きたい。

5月21日記す

野馬分鬃
5月は心に余裕を持って過ごしましょう!

湧泉会のトップページ へ >>

当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへブログランキング


Copyright(C)2003-2016 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
当会の許可無く転載を禁じます。
[ 2016/05/26 11:52 ] 中国武術の学び方 | TB(-) | CM(-)

中国武術の学び方 トップページ

中国武術の学び方 トップページ

NEC_0004.jpg

本カテゴリーでは、中国武術界独特の習慣や常識を紹介しています。

〔入門編〕
中国武術の学び方① 学び方を知らない日本人。
中国武術の学び方② どの拳種を学ぶか。何のために学ぶか。
中国武術の学び方③ 道場を探そう!遠方でも良師を探せ。
中国武術の学び方④ 見学や一日体験を申し込む。
中国武術の学び方⑤ 何を見学するか。まっすぐな先生を選ぼう!
中国武術の学び方⑥ 入門後の心得。

〔習慣編〕
中国武術の学び方⑦ 中国武術界特有の習慣
中国武術の学び方⑧ 拝師という制度
中国武術の学び方⑨ 最大の難関① 「型」「法」「功」
中国武術の学び方⑩ 最大の難関② 環境の変化①
中国武術の学び方⑪ 最大の難関② 環境の変化②
中国武術の学び方⑫ 「仁」、「義」、「礼」、「智」、「信」
中国武術の学び方⑬ 「信」を築く
中国武術の学び方⑭ 武術家の宝物「学ぶ覚悟」
中国武術の学び方⑮ 自分に妥協しない。伝統に負けない。
中国武術の学び方⑯ 学ぶ時期、運、縁、タイミング…。
中国武術の学び方⑰ 【体系を学ぶ、全体を学ぶ。そして体系は進化する】
中国武術の学び方⑱ 【師との別れ 当会の活動理念と名称の由来】 NEW!

〔番外編〕
中国武術の学び方 番外編① 歴史を知る書籍。
中国武術の学び方 番外編② 自主稽古のやり方①
中国武術の学び方 番外編③ 冬の防寒対策。
中国武術の学び方 番外編④ 自主稽古のやり方②
中国武術の学び方 番外編⑤ 秘密の練習場所♪
中国武術の学び方 番外編⑥ 武器を譲る。
中国武術の学び方 番外編⑦ 五月晴れにはご用心! NEW!
中国武術の学び方 番外編⑧ 得をし続けると…、最終的に損をする。 NEW!
[ 2015/12/15 17:30 ] 中国武術の学び方 | TB(-) | CM(-)
福岡伝統太極拳 湧泉会
プロフィール

yusenkai

Author:yusenkai
福岡県福岡市・太宰府市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳、陳氏太極拳、馬貴派八卦掌、太極剣、太極刀などの中国武術を専門に練習している教室です。

練習日時/場所

日曜クラス 14:00~
   筑紫野市,太宰府市

水曜クラス 19:30~
   筑紫野市,太宰府市

火曜クラス 19:30~ NEW!
   太宰府市

八卦掌クラス
詳細は、こちらをご覧下さい。

福岡教室
月曜日 18:30~
    福岡市千代地区


当会への入会方法については、こちらを参照下さい。

当会へのお問い合せは、こちらからお願いします。

福岡伝統太極拳 湧泉会
公式ホームページ
湧泉会 公式facebook

趣味のカテゴリー♪
印象に残った書籍などを紹介しています。

当会代表が印象に残る中国武術系の書籍を当時の思い出と共に紹介。

こちらは、格闘技やプロレス系の書籍のご紹介♪

知っていないと損をする中国武術界独特の習慣や常識を紹介しています。番外編として自主稽古の進めかた等も掲載中!

 NEW! ↑湧泉会の最新情報をどこよりも早く発信!

当会の練習記をつぶやいてます。たまには良い事も言っているようです(^m^)

QRコードを携帯電話のバーコード・リーダーでお読み下さい。