福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕

福岡伝統太極拳 湧泉会は、福岡県福岡市・太宰府市・大野城市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳・陳氏太極拳・馬貴派八卦掌・古伝太極剣・太極刀等の中国武術を専門に練習している教室です! 湧泉会の日々の練習記や行事予定、中国武術系や格闘技系の書籍を当時の思い出と共に紹介。
福岡伝統太極拳 湧泉会 ブログ 〔中国武術の時間〕 TOP  >  太極拳名人列伝
カテゴリー  [ 太極拳名人列伝 ]

太極拳名人列伝 楊守中老師

youtubeが公開されてから、もう10年程になるのだろうか。以前はたまに観たりもしていたが、ここ数年は忙しくなかなか観る機会も無かった。

久しぶりに覘いてみると、以前は公開されていた動画が削除されたりもしているようだ。せっかくなので、観れるうちに私が印象に残った動画を少し紹介しておきたい。

弟一回は、楊家第四代宗家の〔楊守中〕老師である。

楊守中
本名は、楊振銘(1911年~1985年)楊家太極拳 第三代宗家の楊澄甫大師の長男として生まれる。父 澄甫が1937年に亡くなっているので、守中は弱冠26歳で宗家を継いだ事になる。

その時代背景は、どうだったのだろうか。

ズバリ!我々日本人と戦争をしていた日中戦争の時代である。

当然だが、戦争をしている時代に、現在のように健康法や趣味として太極拳を学ぶ人はあまりいなかったのではないだろうか。曽祖父 露禅の時代であれば、清朝の皇族の武術教官、父 澄甫の時代も国術館の教師の職などに就いているが、守中の時代はどうだったのだろう。



現在の流麗な太極拳の演武を見慣れている人には、泥臭く感じた方もいるかもしれない。しかし私にはこの朴訥とした演武が堪らない。それにこの足、腰、背中周りの発達はどうだろう。

終戦後も国民党と共産党の内乱が続き、国が統一された後も文化大革命が起こり、まさに近代中国の動乱時期と重なる。守中老師の遺影や動画から、その激動の時代を生き抜いてきた威厳と風格を感じる。

2013,5,25 記す

追記
ちなみに、映像の最初にビデオの説明をしているのは、呂殿臣老師門下の王子和老師で、楊守中老師ではないそうです。


湧泉会のトップページ へ >>

Copyright(C)2003-2013 福岡伝統太極拳 湧泉会 All rights reserved.
当会の許可無く転載を禁じます。

当ブログの記事が参考になった方は、ブログランキングへのご投票をして頂けると感無量です(^人^)

にほんブログ村 格闘技ブログ 中国武術へ人気ブログランキングへブログランキング


福岡伝統太極拳 湧泉会 公式ホームページ。
中国武術の時間 湧泉会の公式ブログ 貴重な情報を盛りだくさん♪
福岡八卦掌研究会 八卦掌の専門教室☆
福岡伝統中国武術協会 協会の各教室の紹介
twitter@yusenkai 当会の練習記。









スポンサーサイト
[ 2013/06/02 11:38 ] 太極拳名人列伝 | TB(-) | CM(-)
福岡伝統太極拳 湧泉会
プロフィール

yusenkai

Author:yusenkai
福岡県福岡市・太宰府市・筑紫野市地区を中心に伝統的な楊氏太極拳、陳氏太極拳、馬貴派八卦掌、太極剣、太極刀などの中国武術を専門に練習している教室です。

練習日時/場所

日曜クラス 14:00~
   筑紫野市,太宰府市

水曜クラス 19:30~
   筑紫野市,太宰府市

火曜クラス 19:30~ NEW!
   太宰府市

八卦掌クラス
詳細は、こちらをご覧下さい。

福岡教室
月曜日 18:30~
    福岡市千代地区

佐賀教室
木曜or金曜 19:30~21:00
    吉野ヶ里中央公民館


当会への入会方法については、こちらを参照下さい。

当会へのお問い合せは、こちらからお願いします。

福岡伝統太極拳 湧泉会
公式ホームページ
湧泉会 公式facebook

趣味のカテゴリー♪
印象に残った書籍などを紹介しています。

当会代表が印象に残る中国武術系の書籍を当時の思い出と共に紹介。

こちらは、格闘技やプロレス系の書籍のご紹介♪

知っていないと損をする中国武術界独特の習慣や常識を紹介しています。番外編として自主稽古の進めかた等も掲載中!

 NEW! ↑湧泉会の最新情報をどこよりも早く発信!

当会の練習記をつぶやいてます。たまには良い事も言っているようです(^m^)

QRコードを携帯電話のバーコード・リーダーでお読み下さい。